不管是退了色的那一天的夢想
還是沾滿了灰塵的未來圖
因為總有你在那裡看著我
不管是無法成功就訴苦的歲月還是繞遠路的旅程
超越一切的我現在就這樣在這裡

我為你做了什麼?
沒有為你做什麼?
在那之後我一直問自己
但是在那之後好幾次敲開心屝打開內心深處的抽屜
出現的都是快樂的回憶

可是我永遠愛過你
只有這樣'只有這樣但是我只有這樣現在也不變的愛著你
有一天在星星美麗的夜空我倆肩並肩許下心願
那時願望已經忘掉了
可是我還記得我只希望那一瞬間能永遠繼續下去
現在回想起來如果也許下那樣的心願就好
可是並沒有上帝
在你變成星星那一刻如此誓言了
我不需要上帝 那裡只要你
我只要你在就好

沒有你的這條街
今天還是一樣慌張匆忙
好像沒發現什麼事般生活著
快速的經過年月
在悄悄變換季節之中
在每次突然仰望夜空就會想起那一天

所以我悄悄的許下願望
向變成星星的你祈禱
說[已經沒問題了'可以一個人挺住了]因為我並不孤單
是啊我要連你的份活下去
你也永遠存在我心中
所以還像那個時候一樣永遠在身邊看著我

When I wish upon you,為你祈禱

色褪せていたあの日の夢も、埃まみれだった未来図も、
君がいつもそこで見ててくれてたから
叶わないと弱音吐(ぼや)いてた日々も、遠回りしてただけの道も
乗り越え僕は今こうしてココに在(い)るんだ。

僕は何してあげれたのだろう? 何してあげれなかったのだろう?
あれからずっと自分に問いかけてみたけど、
何度心の扉たたいても胸の奥ひきだし開けてみても
出てくるのは楽しかった思い出ばかりで..

ただ僕はずっと愛してた。
それだけ、ただそれだけだったけど僕にはそれしかなかったんだ。
そして今も変わらず愛してる。

いつか星のキレイな夜空に2人並んでお願いしたよね
あの時のお願いはもう忘れちゃったけれど、
この瞬間(とき)がずっと続けばいいと想った事だけは覚えてるよ。
今思えばそれもお願いすれば良かったね。

でも、神様なんていない。
君が星になった時そう誓ったんだ。
僕には神様なんて要らない。そこに君が、君さえ居てくれれば。

君のいないこの街は今日も相変わらずバタバタせわしなく、
まるで何事もなかったかの様に暮れてく。
足早に過ぎてゆく年月と、そっと移りゆく季節の中で、
ふと夜空を見上げる度あの日を想うよ。

そして僕はそっと願うんだ。星になった君に願いを。
「もう大丈夫、一人で立てるから」と。だって僕は独りじゃないからね。

そうさ僕は君の分も生きてく。
君も僕の中でずっと生きてくんだ。
だからまたあの頃の様にずっと側で見てておくれ。

When I wish upon you, 君に願いを。

全站熱搜

右近 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()